医療脱毛の効果は?回数別のツルツル度をズバリ言う!部位の違いも

医療脱毛の効果は?回数別のツルツル度をズバリ言う!部位の違いも

医療脱毛 効果 回数
医療脱毛の効果と回数の関係って、ズバリどうなんでしょうか?

 

医療脱毛を何回やれば、どのぐらい効果があるか?

 

どのぐらいツルツルになるのか?

 

医療脱毛における施術回数と効果について、部位別にズバリ!まとめました。

 

医療脱毛の効果と回数のポイント

医療脱毛の効果と回数の関係として、5回施術すれば約80%の毛がなくなり、8回すれば約95%の毛がなくなると言われています。

 

医療脱毛初心者の場合は、レーザー脱毛をしたい!と思っても「何回で契約すればいいのかわからない」ことでしょう。

 

最初から5回という設定しかしていないリゼクリニックなどでは、迷うことなく5回の契約で決まりなのでしょうが、それ以外の設定回数があるクリニックの場合だとそうはいきません。

 

口コミでは,
「5回あればほとんど自己処理がいらなくなるレベルで8回·9回でツルッツル!」
「医療脱毛では5回というのが目安の回数でムダ毛がなくなるとのこと」
「とりあえず最低必要回数の5回で契約したが正直不安でした。部位によってはもう少しかかるところもあるけどまあ満足」
というように、契約回数で迷っている場合はとりあえず、「5回」を最低必要回数として契約することをおすすめします。

医療脱毛は5回~6回で完了する場合が多い?

医療脱毛といえば、脱毛サロンのおよそ3分の1程度の照射回数で脱毛完了できてしまうというほどに脱毛効果が高いことで知られています。

 

医療クリニックのホームページや口コミを見ても脱毛サロンのように終了までに10回以上照射をするというのはごくまれで、男性のヒゲなどかなり剛毛な毛質でもないかぎりありえません。

 

そんな少ない回数にもかかわらず永久脱毛を謳えるほどに効果の高い医療クリニックですが、各部位ごとの脱毛回数は同じなのでしょうか?先ほど触れたように男性のヒゲなどはたとえ医療レーザーでも10回以上の照射を余儀なくされる場合もあります。

 

女性でも比較的剛毛な部位、ワキやVIO、産毛で覆われた背中やうなじなど毛質が違うとやはりそれなりに脱毛回数も違ってくるものなのでは?という疑問がわいてきます。

 

では参考までに実際の部位別での、医療脱毛の必要回数と効果の目安を記載しておきます。

 

ワキ/5回~8回
足/4回~6回
腕/4回~6回
Vライン/5回~8回
I、Oライン/8回~10回
顔/8回~10回

 

上記の回数はあくまでも目安です。

 

実際は個人個人の毛質や毛量などに影響されるため若干異なってくる可能性があります。

医療脱毛の効果や回数は部位によって変わるのか?

医療クリニックでの施述回数は大抵5回~9回までというコース設定が多く、男性のヒゲなどよほどの剛毛でない限り「脱毛し放題」や10回以上の設定をしているクリニックはまれです。

 

そのため「自分は普通の人よりもかなり毛深い方だから設定されている回数では足りないかも」と、不安になることもあるでしょう。

 

しかし、女性の場合基本的に剛毛であればあるほど効果を実感しやすく、まさに医療脱毛がおすすめの毛質といえます。

 

ほとんどの部位で9回あれば自己処理のいらないツルツルの素肌をGETすることができます。

 

9回ということは脱毛期間にすると1年半~2年程度となります。

脱毛回数や効果、期間はその部位の毛周期によっても異なる?!

体毛は各部位によってそれぞれ毛周期が違います。

 

最も高く効果が実感できるのはこの毛周期に合わせた施述をおこなうこと。

 

そのため、クリニックによっては部位ごとに照射間隔をズラしておこなうこともあります。

 

そうすることで、より脱毛効果が高くなり少ない回数での脱毛完了が望めるのです。

 

部位によっては3ヶ月~4ヶ月もの期間が空くこともあります。

 

このような照射間隔の違いは、照射を続けないとわからないことなので人によって間隔が変わってくるのはしょうがないことです。

 

このようなことから、医療クリニックを選ぶ際はできるだけ脱毛期間が設定されていないところを選ぶことも重要なポイントです。

 

部位によっては思わず毛周期が遅くて契約期間内に終わらず中途半端になったというような口コミもチラホラ見受けられたので、このようなことにならないようにおすすめは施述期間の設定がなく、なおかつ5回以上のコース設定がされているクリニックです。

 

2019年現在、医療脱毛で全身5回が最安値なのは、HMRクリニック。