全身脱毛 生理

全身脱毛の施術と生理の時の対応

全身脱毛を女性が受けることになったら、生理の時はVIOは基本的にお休みです。全身を1日で施術する施設は少ないので、上半身と下半身に分かれていたり、3分割や4分割に分けての施術になります。真っ最中に当たらないように、上手に予約を取るようにすることです。

デリケートゾーンは脱毛は出来ない時期

全身脱毛でも生理が来てしまったら、デリケートゾーンは脱毛できないです。経血がありますので不衛生なことはできないですし、他にもお客さんがいるので、迷惑をかけることはできません。いつもと近い生理の時には独特のニオイもしますし、経血が施術ベッドやタオルについて、何かの感染が起きるなど、トラブルを考慮してもお店やクリニックではお断りをすることになります。皮膚がとても弱い時期でもあるので、無理にレーザーや光の照射をすると、肌に問題を起こしやすいです。いつもであれば平気でも、肌が弱い時期に照射をすることで、肌にかゆみや赤みが強く出るなど、無駄に肌トラブルを招きやすいです。

ホルモンのアンバランスになる時期の肌トラブル

記事のイメージ画像

全身脱毛で生理の時が施術に向かないのは、ホルモンのアンバランスな時期だからです。女性の心身はホルモンバランスとの密接な関わりがあり、体内ホルモンの不安定な時期は、心も揺らぎやすくて肌も揺らぎやすくなります。プロゲステロンの男性ホルモンと、エストロゲンの女性ホルモン、2つのホルモンが女子にも存在しますが、生理期間はホルモンが崩れやすいです。ホルモンが整わない時期には、全身脱毛での肌トラブルは増えます。普段だったら肌にもソフトなエステ脱毛でさえ、肌には強い刺激となるので、無理に脱毛をすると、発疹やかゆみのもとになることも考えられることです。トラブルのない安心脱毛は、体内ホルモンが整っている時にする方が安心できます。

肌がとても敏感になる時期なので痛みも強め

全身脱毛は生理の時には向かないのは、肌が敏感になり痛みを感じやすいためです。痛み以外にも理由はありますが、それにしてもいつもよりも刺激を強く感じるので、脱毛の施術は気楽なものではなくなります。デリケートゾーンも皮膚は敏感な時期ですが、ほかの部位も皮膚は敏感な時期です。スケジュールとの兼ね合わせもありますが、できるだけ予約の日程は外して、終わってから脱毛をしたほうが、痛みを減らすことにもなります。痛みを減らすためにクリニックであれば、麻酔を利用することはできますが、麻酔を使っても弱い肌状態には変わりはなく、痛くはなくても肌トラブルが起きては、元も子もありません。

まとめ

全身脱毛をける時には、生理とは別の日に予約を入れることです。ホルモンバランスも乱れている時期には、肌刺激になる施術は向いてはいませんし、パーフェクトに健康なときに受けたほうが、肌への問題も心配はなくなります。

比較ページへのリンク画像