全身脱毛 デメリット

全身脱毛の施術を受けるデメリット

記事のイメージ画像

脱毛は気になる部分だけで行う事もできますが、ムダ毛自体は全身に生えている為、部分的な脱毛では足りないという事も有ります。体の表面に生えているムダな毛を処理する方法の一つが全身脱毛で、現在では光やレーザーを利用して行われています。

何よりも施術が完了するまでに時間がかかる

ムダ毛処理と言うと夏場に薄着になった時にムダ毛が目立たない状態にする目的で行う場合が多くなっていますが、その処理の範囲が広くなればなるほど、完了までの時間も長くなります。例えば光を利用する場合は大体6回位施術を受けるとムダ毛が目立たなくなって行く場合が多いのですが、全身脱毛の場合は光を照射する範囲が広い為、施術完了まで1年半から2年は必要です。その為、直ぐにムダ毛がきれいに処理されると思って施術を受け始めると、実際には思っていたよりも長く時間がかかる事を知って衝撃を受ける事になる場合も有ります。その為、デメリットとしては長期計画で脱毛計画を立てなければいけないと言う点があります。

生理や日焼けに注意しておかなければいけない

基本的には生理中や日焼けをしてしまった時と言うのは、脱毛が出来ない場合があります。その理由は、生理中は肌がとても敏感になっている状態なので、刺激を与える事によって余計な肌トラブルを起こす原因となりかねないからです。またレーザーや光を利用する場合は黒い色に反応する為、日焼けをしているとやけどしてしまう事も有ります。通常毛周期に合わせて施術を受けるので大体2か月位に1回の施術となっていますが、生理や日焼けによってその予定がどんどんずれてしまう事も珍しくありません。また人気店の場合は施術の予約が取りにくい場合もあり、希望する計画通りに施術を進められない時も多々あります。

薄い色の毛を綺麗に処理する事は難しい

人間の体に生えている毛の色は一つではなく、脇やアンダーヘアは濃くて太い毛が生えていますが、腕やすねにはそれ程濃い毛は生えていません。また背中にもムダ毛は生えますが、その色は薄く、太さも細い場合も多々あります。選ぶ施術の方法によっては薄い毛を綺麗に処理する事は難しいため、その場合はある程度の所で施術を終えるか、他の方法に切り替える事になります。現在では技術も進歩している為に処理できる範囲も広がっていますが、全身に生えている毛をくまなく処理する事は非常に難しいのが現状です。全てのムダ毛を綺麗に出来ると思って施術を受けると、実際には思っていたのとは違ったと感じてしまう事もあるのもデメリットといえます。

まとめ

全身脱毛を利用すると全身のムダ毛を処理できますが、デメリットとして施術にはかなり長い時間がかかる為、その間は気を付けなければいけないという点があります。また施術を受けてもきれいに出来ない場合もあるため、どんな人でも完璧にムダ毛が処理できるわけではありません。

比較ページへのリンク画像