全身脱毛 恥ずかしい

全身脱毛が恥ずかしいという方へ

全身脱毛に行きたいけど、他人に自分の全身を見られたり触られたりするのは恥ずかしいと躊躇している方も多いでしょう。しかし、全身脱毛の流れや特徴などを知っておけば、恥ずかしいという気持ちも少なくなります。

スタッフは女性なのでリラックスできる

男性スタッフが担当になったらどうしようと心配する方もいますが、スタッフは女性なので安心して施術してもらうことができます。それでも知らない人に濃いムダ毛を見られたくない、何か思われたら恥ずかしいなと思ってしまう場合もあります。しかし、相手はプロで毎日何人もの女性を見ているので、こちらも気にせずに割り切って施術してもらいましょう。スタッフの女性の多くが、自分自信でも脱毛を体験済みです。施術を受ける側の気持ちも分かり、緊張をほぐして相手がリラックスができるような会話をするように配慮してくれるでしょう。

着替えが用意されているので安心

全身脱毛では全身を隈なく施術しますが、全裸になるわけではありません。まずはスタッフに個室に案内されて自分が着てきた衣服を脱ぎ、下着もとります。個室には紙パンツやバスローブなどの専用の着替えが用意されています。着替えができたら、施術台の上に横になりましょう。基本的には寝ているだけで大丈夫です。施術の際は、スタッフがバスローブなどの着ているものを少しずつずらしながら、なるべく見えないように照射を行なって行きます。ゴーグルやアイマスクが用意されているサロンもあり、自分が見えない分、羞恥心も少なくなるという方も多いようです。

VIOラインの流れを知っておこう

全身脱毛をする中で、特に恥ずかしいのはVIOラインではないでしょうか。同性の女性スタッフに処置してもらうといえども、やはりあまり人には見られたくない部位です。施術当日に動揺しないように、流れを知って心の準備をしておくと良いでしょう。基本的には用意されている紙パンツを着て脱毛をしてもらいます。VラインやIラインの場合は、仰向けの状態で紙パンツをずらしながら脱毛をしていきこのときも仰向けで紙パンツをずらしながら施術します。Oラインはお尻の穴の周辺のことです。うつ伏せの体勢で、お尻の皮膚を広げながら脱毛を行っていきます。

まとめ

全身脱毛でスタッフに全身を見られるのは最初は恥ずかしいものです。しかし、恥ずかしさを軽減するためにサロンでも様々な配慮がされています。何度か通ううちに慣れてリラックスできますので、美しさを手に入れるために頑張りましょう。

比較ページへのリンク画像