全身脱毛 肌荒れ

全身脱毛で肌荒れを起こさないためにもケアを大事に

全身脱毛を受けて肌荒れを起こさないためにも、日頃の肌ケアはすごく重要です。脱無の照射は肌にとって少なからず負担となるため、肌への対処は優しいものであること、脱毛期間の保湿とUVカットは必須になります。

全身への照射をしたあとに肌の調子が乱れる理由

全身脱毛をして肌荒れを起こす原因のひとつは、広いエリアの脱毛で肌が乾燥することです。施術はプロがやってくれますし、終わったあとの肌はいつもと変わらないので、本人としても肌の変化には疎いももの、肌はレーザーや光の照射による反応を受けています。毛穴奥の毛の組織へのへの熱変換とは言え、毛の周りの皮膚組織にも熱の影響が全くないわけではなく、肌は熱によって水分蒸発をさせる状態です。脱毛後に肌に乾きを感じやすくなるのは越した仕組みがあるので、肌の調子を意識的に整える必要があります。そのまま肌が乾いた状態にしておくと、皮膚バリアが弱くなるので、外部刺激に大変弱くなり、肌は調子を崩すことになるので、脱毛期間の保湿は重要です。

肌の乱れたコンディションを回復させるために

全身脱毛の肌荒れは乾燥こそが大きな理由ですから、肌コンディションを整えることが必須です。普段からスキンケアといえば、顔に化粧水と乳液をつけるのが基本という、シンプルなスキンケアをしている人でも、全身へのスキンケアをします。部分的脱毛処理とは違い全身はとても広く、その広い範囲に熱がこもれば乾きはそれだけ広いです。肌トラブルの大半は肌の乾燥であり、全身にレーザーや光照射をするのですから、全身が乾いても仕方はありません。しかし肌をとと得るには保湿を自分で行うことができますし、スキンケアを毎日欠かさないでやれば、肌のコンディションはゆっくりと回復をします。全身へのローションやミルクでのスキンケアで、しっとりした健康肌を整えることです。

当日や翌日の急激な体温上昇は控える

全身脱毛の肌荒れ予防対策をするならば、急激な体温上昇の行動を控えることです。年間を通して体温の上昇する行動を控えるのではなく、脱毛のレーザーや光の照射を受けた日の当日は、何があっても穏やかに過ごすようにします。脱毛の帰りにプールや海へ直行をしたり、テニスやスポーツジムに通うなど、体温の上がることは控えることです。自宅に帰ってからも体温を上昇させない心がけが大事なので、浴槽に浸かることは当日は控えます。いつもならお風呂で芯から温まるのは健康的ですが、全身脱毛照射の日は体温が上がって、肌トラブルを起こすだけなので控えるのが賢いです。肌は清潔第一ですので、当日の夜はぬるま湯でのシャワーで、体を軽く洗い流します。

まとめ

全身脱毛をすることで肌荒レが起こりやすいのは、肌の弱くなる状態も関わりますので、自分で出来る対策として、肌の乾燥と体温が肝になります。脱毛はイコールで肌を乾かせるので保湿ケアは大事であり、体温を上げる行動は、脱毛当日には控えるように心がけることです。

比較ページへのリンク画像