全身脱毛 やけど

全身脱毛でやけどを起こさないために

全身脱毛はとても広いパーツへの照射を行うことからも、肌には熱の負担がかかります。医療レーザーは力が強いですが、比較的弱い力と言われる、エステ脱毛でも肌には熱が加わるので、肌へのリスクを軽減する対策をすることが大事です。

クリニック脱毛とエステ脱毛の仕組みを知る

エステ脱毛とクリニック脱毛の仕組みを知ることは大事であり、全身脱毛はやけどのリスクもあるためです。レーザーや光のパワー設定を適切にして、肌の管理も万全であるならば、安全な照射になりますので、無駄に不安に考えることはないものの、仕組みは理解をしておきます。エステサロンはエステ機器での光脱毛を使い、クリニック脱毛は医療レーザー機器でのレーザー照射です。クリニック脱毛は本物の医療で使うためのマシンなので、エステ脱毛器よりも高額なマシンになります。それぞれに使う脱毛マシンは違いますが、脱毛の根本的仕組みが一緒です。医療レーザー脱毛マシンの方が力があるので、毛の組織を破壊しますが、エステも同じように夏を発することから、やけどリスクはないとは言えないのが脱毛になります。

照射の痛みが強いほど効果が高いわけではない

全身脱毛のやけどリスク回避のために理解するべき事のひとつは、照射の痛みの強さが効果ではないことです。イメージ的にも医療レーザーやエステの光の照射時に、痛いと感じるレベルが高いほど、脱毛の効果も高いと考えるのは誤りであり、イコールではありません。本来脱毛とはその人の肌と毛質、毛の量や体調なども含めて、適切な照射設定での脱毛の施術が必要です。ただ単にマシンの照射設定を上げれば脱毛効果が早くなるという、マジック的なことはないのが脱毛処理になります。エステやクリニックで施術時に、とても痛いと感じた時には、施術者に伝えて照射レベルを、適切なものに変更してもらうことです。

全身への水分と油分保湿で肌問題を回避する

全身へのレーザーや光照射は全身に熱をこもらせることから、水分と油分での保湿を全身にします。部分的な脇だけやビキニラインだけの照射と異なり、全身はエリアが広く、照射後の肌の中は熱が大変こもる状態です。肌にやけどを生じさせないためには、施術者によるマシンの設定も大事ですが、本人の肌の保湿も重要になります。脱毛の照射を全身に行う前から、肌を乾燥させないようにスキンケアを実行して、脱毛を受ける日には肌を潤いで満たしておくことです。さらに照射を受けた肌は水分が容赦なしに蒸発するので、水分を多く補給してあげるケアを十分にして、その上で油分のミルクやクリームも使います。

まとめ

全身脱毛でのやけどリスクはエステにもクリニックにもありますが、正しい対策で回避可能なことです。脱毛マシンのパワーを無駄に上げすぎないこと、肌は乾燥をさせることなく水分補給をすること、肌を黒く焼かないことを心がけます。

比較ページへのリンク画像