全身脱毛 痛さ

全身脱毛を施術時の痛さと毛の状態

全身脱毛の施術時の痛さはエリアや毛の状態でも違いがあります。全身の肌がくまなく痛くなるわけではないですし、肌の薄さや色素の関係もあるのとともに、毛の状態が関係することです。最初の毛の多い、しっかりした毛の時には、刺激は感じやすくなります。

全身への脱毛照射はパーツによって痛さが違う

全身脱毛は均等に施術時に痛いわけではなく、パーツにより痛さは違います。クリニックのレーザーや、エステサロンの光照射で、施術時の痛さが強いと案じるのは、デリケートゾーンの脱毛になります。デリケートゾーンは、VIOパーツに分かれていますが、その中でもトップを切って痛みが強いのは、粘膜もすぐそこのIラインです。脱毛の光やレーザーは黒い色への反応をする特性があるので、皮膚の色がくすみがちで、黒ずんでいると肌にも反応をします。Iラインは特に色素沈着も激しく、皮膚から年末への変わり目部分なので、刺激はなおさら感じる部分です。さらに皮膚はとても薄い場所ですので、脱毛での痛みを感じる要素が勢ぞろいをしています。

脱毛時の痛さが脱毛の効果とは違うという事実

全身脱毛の痛さがそのまま脱毛の高い効果というは妄想であり、痛いときには必要な対処が必要です。脱毛はやせ我慢をして受けるものではありませんし、多少の刺激はあったとしても、痛すぎるときには、痛みを減らす対処をしてもらう必要があります。脱毛時にはスタッフによる出力設定がありますが、実際に照射をしていくと、受ける側としては強すぎると感じることあるので、伝える勇気を持つことは大事です。我慢して痛い中で照射しても、やけどのリスクが高まったり、逆に肌トラブルを招く可能性もあります。スタッフに痛いことを言えば、パワーを下げたり、肌を冷却するなど、対処をしてくれるので、伝えることは必要です。

脱毛時の痛みへの対策は日頃から必要

全身脱毛の痛さへの対策は日頃からが肝心であり、体調管理と肌の保湿のダブルケアです。体調を良い状態に維持するのが大事なのは、脱毛は健康の乱れるときには刺激と感じやすく、健康なときには意外と平気だからであり、疲れはリセットしておきます。簡単に出来て快適な方法は、夜の睡眠を十分に確保することであり、特の脱毛予約が近づいてきたら、夜は早く寝て質の高い眠りで毎日疲れを取ることです。睡眠は疲労回復にもなりますし、美容にも良いですし、良いことばかりな方法でもあります。肌状態を良いものとするには、保湿が最も良いことあり、乾燥した肌は刺激を受けやすいです。保湿をすると肌を守る機能も向上をするので、脱毛を受けるにも強い肌になります。

まとめ

全身脱毛にはある程度の痛さはつきものですが、部位によっても痛みは違います。最初は毛もしっかり生えていて量も多いので痛いと感じることはあっても、次第に毛も少なくなると、痛みも一緒に減っていくので安心です。

比較ページへのリンク画像