全身脱毛 かゆみ

全身脱毛で肌にかゆみが出た時の対処

全身脱毛で肌にかゆみのトラブルが起きることがあるため、脱毛前後の肌管理はしっかりとします。施術をしてくれるのはエステやクリニックの、専用マシンと取り扱うスタッフですが、肌のコンディションに関しては自らの管理です。

脱毛をしたあとで起こりやすい肌トラブルの発端

全身脱毛をしたあとでかゆみなど、肌トラブルが起こりやすい発端は、脱毛マシンでの照射の熱変換にあります。施設で丁寧な脱毛の照射を受けている時には、本人としては気が付きにくいものの、肌には照射ごとの熱の影響がじわじわと伝わっている状態です。熱は体温を向上させるために、肌の表面には変化はなくても、内側の熱を密かに向上させています。脱毛後はただでさえも炎症がある状態ですから、体温を上げたら肌トラブルは起こりやいです。熱が加わると水分がなくなるので、皮膚は乾燥をすることから、肌にはかゆみを生じることになります。脱毛は肌がとても乾くことを理解することで、肌への対処もスキンケアが大事だと理解ができます。

やってはいけない脱毛後のスポーツや温泉の行為

全身脱毛で肌にかゆみが強く出てしまうのは、過度に体温を上げるからです。脱毛の施術後はただでさえも温度は上がっていますので、脱毛をした帰りにアクティブな行動は控える必要があります。クリニックや脱毛サロンでのお手入れ時間は、1時間から2時間ほどが一般的ですので、そのあとに予定を入れることが可能です。しかし予定を入れるにしても、発汗の良いことをしたり、温度が上がるような予定はナンセンスであり、大人しく過ごせる予定だけにしておきます。だつもうをうけてそのあしで、 ジムや温泉へ行くのは絶対やめるべきです。スポーツジムは体を動かして汗をかき、温度もぐんぐんあがりますし、温泉も温度が上がるばかりか、お湯には雑菌が多いので肌トラブルの原因になります。

肌を冷やして水分補給をすることが大事なケア

全身脱毛でもしもかゆみを感じたら、保冷剤などで肌を冷やすことです。脱毛の照射を全身にしているので、広い範囲の肌の内側は炎症状態であり、肌トラブルの炎症がひどい場所は、クールダウンをさせて肌を落ち着かせます。冷やしておいた保冷剤に、ハンカチやハンドタオルなどを巻いて、肌に当ててクールダウンさせると、だいぶ肌は落ち着いてくるので試すことです。肌をある程度クールダウンしたら、保湿剤を塗布して肌を乾きから救い出します。普段から使用している、ボディ用ローションやクリームでも良いですので、肌の乾きをなくすケアをすることが先決です。スキンケアは顔のみではなく、全身にもするのは、肌トラブル回避の大事な方法でもあります。

まとめ

全身脱毛は照射をする場所が広いことからも、炎症からのかゆみは起こる可能性があります。肌に対して出来ることは、クールダウンさせることと、肌への保湿をたっぷりとすることです。脱毛後に直ぐに体温を、急上昇させる行為は、しばらくは控えることも必要になります。

比較ページへのリンク画像