全身脱毛 剃り残し

全身脱毛では剃り残しに注意しましょう

記事のイメージ画像

全身脱毛をする前には基本的に自分でシェービングをしていきます。しかし、綺麗に無駄毛を剃ったつもりでも、剃り残しがある部位には施術できない場合もあります。隈なく綺麗に施術してもらうためにも剃り残しには気をつけましょう。

剃り残しへの対応はサロンによって異なります

剃り残しがある部分への対応は、脱毛サロンによっても異なります。少しだけ無駄毛が残っている程度であれば、シェーバーでスタッフがサッと剃ってくれる場合もあります。別料金を支払わなければならないサロンもあります。また、シェービングサービスがない脱毛サロンの場合には、剃り残しがある部分は避けて照射するというケースもあります。せっかく全身脱毛に通っていても、その部分だけ1回分脱毛ができないということになってしまいます。その部位だけ無駄毛が抜け落ちずに残ってしまったという状態にならないように、剃り残しには気をつけなければなりません。

自分が苦手な部位を知っておきましょう

どんなに綺麗にシェービングしたつもりでも、剃り残しをしやすい部位というのがあります。特に窪みや自分からは見えない部分には注意しましょう。脇の窪みや膝や太ももの裏などは、疎かになりがちです。念入りに剃るようにして、鏡を使ったり、家族に見てもらうなどしてチェックをしましょう。明るい場所で剃るというのも大事なポイントです。指の毛やフェイスラインも意外と見落としがちです。剃り残しをしやすい部位は人によって違います。自分が残しやすい部位をしっかり把握しておけば、その部分は特に注意して処理することができるでしょう。

電気シェーバーで綺麗にシェービング

全身脱毛は自分でシェービングしなければならない範囲も広く、時間がかかります。シェービングを疎かにしないためにも、剃りやすい道具を使うのがオススメです。剃刀ではなく、電気シェーバーがあると綺麗に手早く無駄毛の処理をすることができます。女性用のボディ用シェーバーを使えば、広範囲でも簡単に剃ることができます。また、細かい部分にはフェイス用のシェーバーが良いでしょう。シェーバー部分が小さく、自由自在に動かしやすいので、膝の裏や脇のように入りくんでいる部分にも良いでしょう。電気シェーバーは肌への傷もつきにくいという点でもオススメです。

まとめ

自分が剃るのが苦手な部位を知っておけば、剃り残しも未然に防ぐことができます。無駄毛が残っていた部位だけ照射できなかったという状態を避けるためにも、全身脱毛へ行く前にはしっかりと入念にシェービングをしましょう。

比較ページへのリンク画像