全身脱毛 副作用

全身脱毛は副作用も理解してからの施術を

全身脱毛は安全な施術を心がけてはくれますが、副作用も少なからずゼロではないです。大きな疾患とはならないものの、肌に感じる赤みやかゆみ等も、副作用的な症状と捉えることはあります。肌への影響を知っておくことで、正しい対処はしやすいです。

全身脱毛後の肌のヒリヒリ感や赤みなども

全身脱毛の軽い副作用として、肌のヒリヒリ感や赤みもあります。脱毛をするときに医療レーザー脱毛や、光の照射により、軽いやけどのような炎症を肌が起こすので、炎症反応として起きる症状です。脱毛をしたあとに肌が赤みを生じるのは、ほぼ全員の人が感じることであり、その程度には個人差があります。クリニックや脱毛サロンから帰る頃には、肌からは赤みは消えているのが普通です。長くても翌日には、肌からは脱毛後の可髪は消えているので、あまり心配はありません。肌のヒリヒリ感も脱毛の熱の影響なので、冷やして保湿をすることです。保冷剤を冷蔵庫で冷やしておいて、肌を冷やしたりして、スキンケアをすると治まります。

毛嚢炎というリスクについても知っておく

全身脱毛の副作用として、毛嚢炎を起こすこともあります。脱毛を受けることにより皮膚のバリア機能がかなり弱くなり、傷ついた状態になることで、雑菌が毛穴から侵入をして、発疹ができる症状です。毛嚢炎はブドウ球菌などの侵入により、まるでニキビみたいな症状を招きます。全身脱毛をすると広い範囲への照射なので可能性が高まりますが、デリケートゾーンは要注意です。常に清潔を維持するのが意外と大変なのが、デリケートゾーンですので、脱毛後の弱い肌状態で、雑菌の侵入もしやすくなります。軽度の毛嚢炎の症状であれば、肌を清潔に保つことで、自然に回復をしていきますが、長引くときにはお医者さんに相談です。

全身脱毛をすることで副作用のリスクが出てくる理由

全身脱毛をすることで副作用がある理由は、高温の熱ダメージを毛根部に加えるためです。光脱毛と医療レーザー脱毛は、施術をする脱毛期間は違いますが、脱毛の仕組みは同じようなものであり、熱のダメージを毛根部に与えます。体毛への熱の作用ではありますが、その熱の発生は周囲の肌にも影響力はあるのは、仕方のないことです。熱の温度は一瞬なので脱毛時には気がつかないですが、毛根部への熱変換時の温度は70度程にもなります。熱でのダメージとともに、皮膚のバリア機能も低下することも理由です。毛七内部は一時的に傷つくので、皮膚のバリア機能は下がりますし、雑菌侵入率が高まりますので、肌トラブルリスクが上がります。

まとめ

全身脱毛には副作用もないとは言えないですが、基本的には脱毛は安全性が高いです。自分でのシェービング処理をすることを考えれば、ずっと肌を傷つけて色素沈着を起こす状態ですので、早く全身脱毛を終わって健康肌にしたほうが前向きになります。

比較ページへのリンク画像